育児世代にスパイスを。

日々の育児に刺激と楽しさを!

*

子連れディズニーはパートナーホテルに泊まろう!【オリエンタルホテル東京ベイ】

      2017/03/13

子連れでディズニーに行く時、快適に過ごすにはやっぱりお泊まりですよね。

お泊まり場所には困らないほどディズニー近辺にはホテルはあります。
そんなホテルの中でもディズニーオフィシャルホテルは、ディズニーリゾート内に設置されていて移動も楽だし、プランによっては部屋からパレードが見られたりと最高です。

ですが、ディズニーのことをよくわからない1歳前後の子連れでディズニーに行く場合は話が変わってきます。

ディズニーキャラクターのテーマで内装が施された部屋に泊まっても、幼い子どもにとってはよくわかりませんからね。
全部の子どもに当てはまるわけではありませんが、うちの娘はディズニーのことなんてなにもわかっていません。

それで、今回僕たちが泊まったパートナーホテルのオリエンタルホテル東京ベイは、1歳前後の子連れで泊まるには最適なホテルでした。
子ども向けに設計された部屋なので、子連れでも安心して泊まれるのです。
もちろんディスニーランド・シーへの無料送迎バスもありますよ。

今回は奮発して最上位のオランジュ(42㎡)に泊まってきました。
そんな子連れ宿泊に最適な、オリエンタルホテル東京ベイの体験レポをどうぞ。

専用ママサロンでゆったりチェックイン

オリエンタルホテル東京ベイは、新浦安駅から直結で便利なアクセスです。雨が降ってても濡れません。

受付は、ホテルの通常ロビーではなく専用サロンが用意されています。
まずは11Fへ行きましょう。
IMG_0010

11Fの専用受付サロン「ママサロン」です。
IMG_0011

受付は椅子に座って手続きすることができます。子連れで荷物がたくさんあったり、疲れていたり、という状況に配慮されていますね。
mamasallon

受付の横には、ソファーが置いてあり座って休むこともできますよ。
IMG_0014

さらに無料ドリンクバーとレンジやポットなどが用意されているんですよ。
ドリンクバーでホッと一息つきましょう。
IMG_0013

その隣にはディズニーのDVDが上映されている部屋があり、チェックイン中子どもたちはここでも過ごすことができます。
子ども用椅子が並んで可愛らしいですね。新聞も置いてあるので、大人もゆったり過ごすこともできますよ。
IMG_0016
IMG_0017

チェックイン時に、様々な備品を無料で借りることができるので必要なものは揃えましょう。
子ども用パジャマやおもちゃが棚に並んでます。
IMG_0012

妻は美顔器を借りてました。

ママクラブという会員制度もあるので入会しておきましょう。
宿泊料金が20%OFFになったり、ポイントが貯まったりとお得が満載なので入会しておいて損はないですよ、これは。

チェックインの設備で感動しましたが、お部屋はさらに感動の嵐でした。

安全に配慮された子ども仕様のデザイン

何種類かある部屋の中で今回は奮発して、最上位のオランジュに泊まりました。
基本設計は他の部屋もほぼ同じようです。

さて、部屋に入って最初に感じたのは「全てが低い」ということ
子ども用にベッドやソファーが低く設計されています。

右手にベッド。広々していて寝相の悪い娘と一緒に親子3人で寝ても十分余裕があります。
IMG_0021
IMG_0024

このベッドの高さは身長70cmの娘と比べるとこんな感じ。
IMG_0059

ソファーが二つ。
IMG_0022

このテーブルも子どもが立っても座っても使える絶妙な高さなのです。
ほら、娘がおもちゃで遊んでいてもこの通り。
IMG_0094

万一落ちたとしても大丈夫な高さでしょう。そしてその万一の場合にも対応しているのが、床の素材。
コルクのような柔らか素材なのです。ここまでこだわっているんですね。
IMG_0058

手前にテレビ台と小物入れがありますが、ここにもこだわりの安心設計が。
まずコンセントがこのテレビのところにしかないのです。子どもはコンセント大好きですからね。
大人はちょっと不便に感じるかもしれませんが、コンセントを使う道具も子どもが届かない高い位置でしか使えないので安全です。
IMG_0026

小物入れの取っ手はプッシュ式で、子どもが簡単にあけられないようになっています。
IMG_0045

さらに、全ての家具が丸みを帯びていて角がありませんね。

かゆいところに手が届く!便利グッズも盛りだくさん

安全設計の部屋であるということがわかり、これだけでも十分なのですがオプション設備も充実してました。
子育てしていたら当たり前のようなことでも、子育てしていなければわからないことがたくさんありますからね。

まずは洗面台。ちゃんと子ども用踏み台があります。
IMG_0028

その後ろの棚には、レンジ。子どもにご飯をたべさせるには必需品ですよね。
IMG_0038

そしてオムツ捨てもちゃんとあります。ゴミ箱に捨てるのは気が引けますが、これなら心置きなくオムツを捨てられます。

トイレに行くと、ちゃんとウェットティッシュがおいてあるのです。
IMG_0041

そして、お風呂はこの通りトイレと別の広々設計。
親子でゆったり入れる余裕広さです。このお風呂は快適でしたよ〜。
このお風呂はオランジュだけの設備のようです。
IMG_0039

洗面台だけでもこれだけの設備が整っているのです。

部屋の中には子ども用の可愛らしいキリンさんの椅子もあります。
これ絶妙な高さで、娘はとっても気に入ってました。
IMG_0034

そして気になる人にはありがたい、加湿機能付き空気清浄機も準備されています。
IMG_0029

玄関先にはちゃんとベビーカー収納スペースもあります。
IMG_0042

いやいやさすがですね、これは。ここまで準備されていると感動しますね。

パパママにも嬉しい癒しグッズも

子どもに優しい部屋ならパパママにも優しい。ちょっとした癒しグッズもありました

背中のマッサージ。
IMG_0035

フットマッサージ。
IMG_0093

子連れ旅行で疲れた身体を癒してくれますよ。

キッズルーム併設のレストランが嬉しすぎる!

さて、子連れ旅行では部屋だけでなく、食事も気をつかいますよね。
オリエンタルホテル東京ベイは食事までしっかりと子連れ仕様です。

ロビーがあるフロアのグランサンクというバイキングレストランに行ってきました。
なかなかおしゃれな外観で子連れには不向きかな?と思ったのですが素晴らしき子連れ設備がありました!

それが、これ。
IMG_0054

モニターです!
なんのモニターかというと、レストラン内部に併設されているキッズルームを映し出しているモニターがレストランの至るところに設置されているのです。
IMG_0053

レストラン内にキッズルームがあるだけでもありがたいのに、それを席で見ることができるというこのシステム、子どもを遊ばせながら食事ができちゃいますね。

キッズルームはこの通り、結構広いです。
IMG_0049
IMG_0050
IMG_0052

一緒にキッズルームに入るとレストランにいる全員に監視されている気がして緊張しましたが。。
もちろん娘はそんなのお構いなしで楽しんでました。

もちろんベビーチェアもあるので一緒に食事ができますよ〜。

朝食は部屋でゆったりピクニック気分

朝食もグランサンクや和食レストランなど選べたのですが、ピクニックブレックファーストというプランをチョイス!

子どもと一緒の外食の場合、落ち着いて食事どころか戦場になる場合がありますからね。お部屋でゆっくりプランはありがたいです。

たしか、朝食付きプランにプラス500円でこの朝食をつけることができました。
うん、間違ってたらゴメンなさい…

ピクニックBOXを部屋まで届けてくれるこの朝食サービス。

多少汚れたり散らかされたりしても、部屋の中ならかなり心の余裕というものができます。
人の目を気にする必要がありませんからね。
本当になんというか、この心の余裕は快適ですね。

ざっくり内容は公式ページを見てもらうとして、詳細をご紹介。

大人用の朝食はピクニック感満載のBOXで登場。
IMG_0063

種類も豊富で飲み物も数種類から選べます。

子ども用はかわいいパンダBOXです。しかも子ども用は無料ですよ〜
IMG_0061

中身は子どもが好きそうなものばかりですが、1歳過ぎの娘にはまだ早いものばかりでしたね…
IMG_0064

大人用はこんな感じです。
IMG_0066

IMG_0067

そんなこんなで、最後の最後まで子連れで快適なお泊まりを実現することができました〜。
本当にこのホテルは子連れにオススメです!

あとがき

ディズニーオフィシャルホテルもいいですが、ちょっと周りを見渡すと子連れに特化したホテルが見つかるので年齢に合わせてホテルを選んでみるのも良いですね。

オリエンタルホテル東京ベイ(じゃらんnet)

 - 子連れスポット ,

記事下

記事下

  関連記事

大人も一緒に楽しもう!室内遊戯施設アメイジングワールド【船橋店】

家族みんなで楽しめる安心安全の全天候屋内型遊戯施設、アメイジングワールド船橋店に …

テント持参で行こう!人気スポットアンデルセン公園【船橋】

公園好きのでぃ〜かな(@dycana)です。 今回は千葉県船橋市のアンデルセン公 …

子どもにも優しいオーガニックレストラン「広場」【表参道クレヨンハウス】

表参道にあるオーガニックレストランに行って来ました。 子連れで食事に行くときは、 …

進化した池袋サンシャインシティ!子連れで行きたいショッピング

赤ちゃんモデルのオーディションが雑司が谷であったので、その帰りに池袋サンシャイン …

動物とふれあえる公園!雨の日は室内で遊ぼう。浦安「若潮公園」

それぞれの市や区には子どものための無料施設が用意されていますが、 千葉県浦安市の …

セレオ八王子はベビー休憩室のクオリティ高し!レストランは不便?

セレオ八王子(北館)に行って来ました。目的はキドキドだったのですが、ランチをして …

ひみつの森は年中水遊びが出来る斬新なキッズパーク!【モラージュ菖蒲】

埼玉県久喜市にある大型ショッピングモール、モラージュ菖蒲に行ってきました。最大の …

イルカの水しぶきがバケツレベル!エプソンアクアパーク品川

品川にある水族館、エプソンアクアパークは季節に応じて趣向をこらした内装やイベント …

傾斜の立体アスレチックが大人気!黒沢池近隣公園

アスレチックが大好きなでぃ〜かな(@dycana)です。 東葉高速線村上駅徒歩5 …

屋内だから雨でもOK!子供の遊び場キドキド【グランフロント大阪】

あそびと教育をテーマに優れたあそび道具を世に提供するボーネルンド。 そのボーネル …