育児世代にスパイスを。

日々の育児に刺激と楽しさを!

*

男飯に必須のアイテム、中華鍋のお手入れ方法

      2015/07/24

育休を取ってから家にいる時間も長いため、嫁さんサポートも兼ねてたまに料理をします。
そんなに料理が得意というわけではないので、「豪快」「こだわり」そんな男飯と呼べる料理に限りますが。
この男飯に欠かせないのが中華鍋で万能鍋といっても過言ではありません。

しかしお手入れを怠るとすぐ痛んでしまいます。
今回は錆付いた中華鍋を復活させる手順を紹介します。
(新品の中華鍋にも応用できますよ)

スポンサーリンク


手入れ手順

汚れを落とす

まずはお手入れ前のお掃除。油汚れを落とします。

tyukanabe01

油汚れを落とした状態の中華鍋です。いたるところに黒い汚れ(焦げ)や錆が目立ちます。

磨きあげる

次にこびりついた汚れや錆を紙やすりで磨いていきます。

tyukanabe02

写真では#240と#80があますが#240だけでいいと思います。
#80でこすったところ大きな傷が付いてしまい、開始早々挫折するところでした^^;

汚れや錆を取り除いた後もさらに磨いていきます。
一心不乱に磨き上げていくと輝きを放ってきます。

tyukanabe03

30~40分ほど磨くと黒い部分が削れて銀色になりました。
(回りの黒い部分は今回は断念)

焼きを入れる

磨いた中華鍋を軽く水洗いして、水気をよくふき取ります。
そして火にかけます。強火でじっくりじっくり焼きをいれます。

tyukanabe05
tyukanabe05-2

数分ほど焼くと青光りし、さらに焼き上げていくと青黒くなってきました。
40分ほど焼きました。

油をなじませる

油をたっぷり中華鍋に注ぎます。

tyukanabe06

中華鍋に油がしみこんでいく様が気持ちいいです。

tyukanabe07

さらに野菜くずを炒め油をなじませます。
最後はさっと水洗いで終了。

完成

これで薄い皮膜ができて完成です。

tyukanabe08

よみがえった中華鍋!

あとがき

完成した中華鍋で焼きそばを作りましたが、さっそく麺がこびりついてしまいました。まだまだ油のなじみがたりないようです。。

また、焼きを入れる際、最近のコンロは高機能で高温になると自動で火が弱くなってしまい、なかなか思うように焼けませんでした。
まだまだ焼きが不十分だと思ってるので、次回メンテナンス時にはガスバーナーでチャレンジしたいと思います。

関連:中華鍋の焦げ付き防止の一工夫。油返しと洗い方

 - キッチンアイテム ,

記事下

記事下

  関連記事

鉄製お玉のメンテナンスは中華鍋と同じじゃダメ?お玉の空焼きと油ならし

中華鍋のお手入れにガスバーナーを使用し完璧に磨き上げたのもつかの間、鉄製お玉のメ …

簡単自作燻製器!ダンボールだけで十分です

お酒のお供に手軽に燻製を!という思いから家庭で作れる簡単燻製器を作ってみました。 …

皿洗いのストレスから解放!ダスキンのスポンジは泡立ちがすごすぎるぞ

毎日のように行う皿洗いのストレスは泡立ちがすぐなくなること。 いろいろと試しまし …

中華鍋用五徳は必要?使ってみた感想、レビュー

中華鍋の料理にあったら便利なもの、それは中華鍋用の五徳です。僕もちょっと前に買っ …

液だれしない醤油さしを遂に発見!これは文句なし殿堂入りでしょう

食卓のストレスの一つ、醤油さしの液だれ。液だれしにくいというものに限って液だれし …

中華鍋のお手入れはコンロではなくバーナーで

前回中華鍋の劇的復活から4ヶ月ほど経過しましたが、おかげで中華鍋大活躍です。 た …