育児世代にスパイスを。

日々の育児に刺激と楽しさを!

*

育休中だから考えるこれからの働き方。パートや派遣もメリットあり

      2017/03/26

business-man

育休が残り2ヶ月になりました。夫婦共に育休を取得していますが、育児にフルタイムで専念する時間もあとわずかです。

育休入る前に2ヶ月休みがもらえると考えたら飛び跳ねて喜んでたでしょうね。ですが1年間の育休中の今考えると、もう残り2ヶ月かとなります。置かれている環境によって捉え方は変わりますね。リアルに実感しております、ハイ。

ということで2ヶ月後には会社に復帰するわけで、娘との時間も今までのようには確保できなくなります。これはキツイ。そう感じたので今後の働き方について考えてみました。

スポンサーリンク

会社員で育児に時間を確保するのは厳しい

僕は育児休業という制度を使わせてもらって1年間育児に専念することができています。そういう点では会社員でも育児に時間を確保できているといえます。

が、それは最初の1年間だけ。1年が過ぎるとまた会社に戻るわけです。ひょえ~またあの生活が戻ってくるのか・・・。

会社員は時間を対価に給与をもらうという仕組み上、時間を拘束されるので育児に割く時間は減ります。会社によっては復帰後時短で勤務できる場合がありますがその分給料は減るし、保育園代で稼いだお金はなくなるし、何のために働いてるんだ、って思います。

でも働かないと食べていけないし・・・。そんなジレンマに悩まされていたらうってつけの求人サイトがありました。
こういうのを待ってました、って感じですね。

会社員じゃない働き方もあり?

新しい働き方を提案する企業も増えているのでそういった会社を選択肢に入れるのもいいし、いっそ会社員じゃなくなってもいいのでは、とも思います。

2ヶ月後に会社に復帰する僕が言うのもなんですが、会社員にそこまで縛られなくてもいいんじゃないかな、と。会社員であるメリットはありますが、9-17時週5日となると時間を拘束されますからね。僕は時間の自由がきかないところがデメリットだと思います。

今の会社というところに縛られずにもっと視野を広くもてば色々と可能性が広がっていく気がします。ママだって起業して働くという働き方も。

ちょっと視野を広げるだけで色んな働き方がありますね。時間の融通を利かせたいなら派遣もありだし。好きなことを突き詰めたいならフリーランスもありかと。他にも色々と可能性はあるでしょう。

働き方によるメリット・デメリット

僕が感じている働き方によるメリデメはこんな感じです。

会社員

メリット:毎月の収入が安定している。福利厚生などの制度を活用できる。
デメリット:時間の拘束がある。

派遣

メリット:働く期間など自分にあった働き方が出来る。
デメリット:収入が低かったり、福利厚生の制度を利用できない場合がある。

フリーランス

メリット:好きな仕事ができる。自由。収入を自分の頑張り次第で上げることができる。
デメリット:収入が不安定。福利厚生がない。

これらのメリットデメリットを踏まえて、自分にあった働き方を決めればよいのかな、と思います。

あとがき

とりとめのない感じで書きましたが、育休中でじっくり考える時間があったから今後の働き方について色々と考えてみました。まずは2ヶ月後、会社に戻りますけどね!

 - 育休ライフ

記事下

記事下

  関連記事

1年間の育休からの復帰を前に色々と振り返ってみました。

いよいよ来週から職場復帰します。 約1年間の育児休業後の社会復帰は多少楽しみでも …

育休あけて復職したけど、人生観変わったので転職します

約1年の育休を取得後復帰してそろそろ半年になるdycanaです。 復帰直後からハ …

育児休暇中の引越、児童手当の手続きがかなり面倒だった

先日引越をしました。育児休暇中なので荷造りなど余裕を持ってやれるからと思い育児休 …

育休とったら節税できた!金額を公開しようではないか

育休復帰からそろそろ1年が経とうとしているでぃ〜かなです。 育休節税に関して細か …

育休中は住民税が実質無料!免除期間突入しました〜

育休から復帰してから半年が経過しました。 この時を待っていました。 僕の育休期間 …

育休取得中に住民税は免除になる?これ結構重要です

最近課税証明書をもらったのですが、これ住民税が絡んでくるんですね。 住民税と聞く …

なぜ育休手当の支給日は遅いのか?制度を理解し早めの申請を!

育休から復帰して2週間が経ちました。ようやく社会にも馴染んできたところです。 今 …

育休手当生活の今、支給日がわからないと死活問題です

育休取得7ヶ月目に突入しました。先日2回目の育児休業給付金の支給がありましたが、 …

no image
男性の育休取得率を上げるには?50%を超える会社でみえたもの

男性の育休取得率は相変わらず低いです。 僕が勤めている会社では、僕が男性育休取得 …

備えは数ヶ月前から!育児休業給付金の延長は事前準備が大事。

先日、保育園の入園申請をしてきました。希望月から入園できる可能性は限りなく0に近 …