育児世代にスパイスを。

日々の育児に刺激と楽しさを!

*

子どもの写真共有とカレンダー作成アプリFamm!メリットデメリットを紹介

      2017/05/30

スクリーンショット 2017 04 21 8 40 36
子どもの写真って、整理しようと思っていてもすぐたまってしまい、なかなか手がつけられないものですよね。

我が家では2歳と0歳の子どもがいるのですが、上の子の1歳の頃まとめ写真すらできていません。

日々の子育てに追われてると後回しになってしまう子どもの写真整理。

簡単家族共有とカレンダーが月1冊まで無料のアプリFammを使ったを感想、メリットデメリットをご紹介します。

iCloud写真共有を使ってる方にもオススメです。

家族共有と簡単作成カレンダー

スクリーンショット 2017 04 21 8 40 54

Fammの基本機能を紹介します。

家族で写真共有

スマホから写真や動画をアップロードして家族を招待すれば、家族みんなで共有できます。

しかも容量は無制限!

我が家ではiCloudの共有アルバムを使ってますが、基本機能は同じでさらに容量無制限はiCloudより高機能です。

iCloudは容量無制限ではありますが、5000枚という制限があります。
我が家では長女が産まれた時から共有して2歳を過ぎたあたりで上限に達しました。

毎月無料のフォトカレンダーを簡単作成

アプリ内でポチポチっと写真を選択すれば、簡単にフォトカレンダーが作成できちゃいます。

フォトカレンダーは前月上旬に締切で次月のカレンダーができます。
例えば5月9日までに登録した写真で6月のカレンダーを作ることができます。

しかも毎月1枚は無料で作成できるのです。

メリット

誰とでも写真共有

アプリをインストールさえすれば、写真共有は簡単に誰とでもできます。

iPhone縛りから解放です

フォトカレンダーを簡単送付

4つの写真を選んで送付先を登録するだけでフォトカレンダーをつくって送付することができます。

送付先はいくつでも選べるので、両親や親戚に送ることもできます。
わざわざ自宅から送付する手間もなく直接登録先住所へ送ってくれるので楽チンです。

月齢が表示される

この機能はいいですね!

子どものニックネームと誕生日を登録するので、写真の横に月齢が表示されるのです。

後から見返した時に月齢がわかるのは、特に子どもが小さい頃はありがたいですね。

デメリット

送料がかかる

何かのサービスを受ける際にお金がかかるのはあたりまえなので、デメリットにあげるところか迷うところですが。

毎月1枚無料のフォトカレンダーも送料(150円)はかかってしまうのです。

2枚目以降のフォトカレンダーも本体価格は250円ですが、それぞれに送料150円がかかってしまうので、自宅と夫婦の両親の3箇所に送るとなると950円になります。

1枚目 本体(無料)+送料(150)=150円
2枚目 本体(250)+送料(150)=400円
3枚目 本体(250)+送料(150)=400円

合計:150+400+400=950円

他のサービスだったらもっと安くで提供しているところもありますが、
このアプリの売りは簡単フォトアルバム作成&自動送付なので、お金を出して面倒な作業を代行してもらうという感覚で使ったほうがいいでしょう。

写真共有が味気ない

誰とでも写真共有ができるのですが、横3枚の並びが縦にずらーっと並んでいる状態です。

iCloud写真共有のアクティビティのようないくつかの写真が大きく表示されたりするようなダイナミックな表示はありません。

カレンダーのデザインが1種類

カレンダーのフォト配置デザインは1種類固定です。

いろんなデザインを楽しみたい方には不向きです。

あとがき

しっかりとフォトアルバムやフォトカレンダーをつくりたい方は他のサービスを使用したほうがもっといいものがあると思います。

作ろうと思ってて、なかなかできない方や1回作ったけどもう面倒だ、と思う方にはオススメのサービスです。

写真共有カレンダー作成アプリ:

 - アプリ

記事下

記事下

  関連記事

関連記事はありませんでした